六本木 CLUB【1OAK Tokyo ワンオーク トウキョウ】の店舗詳細 東京クラブマップ

ホーム » 六本木 » 1OAK Tokyo

1OAK TokyoRoppongiワンオーク トウキョウ

PR

2017年8月、米国発の珠玉のCLUBが東京に進出。六本木・麻布十番両駅から徒歩圏内の芋洗坂下に、地上1階から3階までの複数階層からなる先端的なヴェニューが出現 !

店内は独創性のあるクールなラウンジや、シャンパンを楽しめるVIPエリア、吹き抜けで開放感の高いダンスフロア等で構成。中東出身の芸術家「ロイ・ナチャム」氏の作品が飾られた個室も。

東京の夜遊びに新たな風を吹き込む「1OAK Tokyo (ワンオーク)」に注目です !!

店名
1OAK Tokyo
業種
CLUB
ジャンル
HipHop・ R&B・ Electro・ Moombahton・ etc.
住所
東京都港区六本木5-10-25 R棟
電話番号
03-6447-2002
営業時間
23:00-05:00
事情により変更となる場合あり、事前に要確認
定休日
キャパシティ
1000人
平均利用金額
エントランスフィー (目安)
男性 3000円~4000円 / 女性 2000円~2500円
あくまで指標としてご参考下さい
オープン日
2017年8月25日
URL
http://www.1oaktokyo.com/
sponsor-event
1OAK Tokyoとは

ニューヨークで産声を上げたセレブ御用達のナイトクラブの東京店。六本木ヒルズ側に位置し、外観は正面にあるTSUTAYAから見ても強烈な存在感を放っています。

各階ごとに表情の異なる華麗な内装と、大人も楽しめる極上のエンタメ性が高次元でマッチした一歩先を行くスポットです。

フロア構成

1階 メインフロア
高天井なダンススペースを中央に、周囲を囲うように豊富な席数のVIPシート、後方には大型のバーカウンターを配置。
壁から天井へ流れるように木目調のレールを無数に這わせ、モダンな印象を加えています。

頭上には王冠を連想させるリング状のLEDライトが2つ連なり4組。
音と連動し絶妙な動きを見せるムービングライトは側面に5機づつと、頭上に14機の計24発。音に寄り添った変幻自在な光・色の演出を体感できます。

DJブースはあえて装飾をしない硬派な作りで、後方に大きな絵画を設置。スピーカーは吊り下げ型となっています。

入口と対面した店内奥には、王冠が無造作に沢山置かれた赤いライティングの小さな空間が。鏡張りなので皆で写真を撮るのに良さそう。

2階 バー&VIP
コの字型のバーカウンターを軸にスタンディングで楽しむエリアと、VIPとで構成。
所々に使われる木目と、黒・白のシックな床材、壁面のオブジェ等のアート的要素が相まった秀逸な空間です。

吹き抜けに沿うように多数配置されたVIP席は、フロアの臨場感を眼下に望め、更に左右両サイドには個室を配置。右のVIPルームには内装を監修した方の絵や、天井にはスピーカーユニットを彷彿させるLED照明も。

階下へ繋がる階段の壁は、アルファベットをかたどった壁材で埋め尽くされています。

3階
10月又は11月以降に開放予定のテラスを有するエリア。

サウンドシステム

1981年に創業したドイツの「d&b」社のVシリーズを採用。極めて強力なサブウーハーを組み込んだモデルで、ヒップホップに重要な低音域もクリアに再生。
高出力のラウドスピーカーにより、多方向に非常に力強く厚みのある音を響かせます。

客層

外国の方が多く、かつてミッドタウン側にあった「Feria」に近い印象。場所柄、20代前半の若者も勿論いるが、落ち着いた雰囲気の30代や40代も少なくありません。
また、VIPには富裕かつ高感度とおぼしきコンシューマーも多数。あちこちでシャンパンが空きます。

ドレスコード

決して厳しすぎない。男性のハーフパンツや墨の露出等は不可。界隈の他の箱と同レベル。

ドリンク価格 (目安)

通常1000円~。ショット900円、ソフトドリンク600円。

1oak-tokyo

六本木1OAK Tokyo(ワンオーク トウキョウ)の地図

六本木駅3番出口より徒歩約6分 / 麻布十番駅7番出口からテレビ朝日方面へ歩いて5分程

Similar Clubs他の関連クラブ

TO TOP