東京のクラブ・ディスコ・ラウンジ・ライブハウスを掲載 ナイトスポット探すなら【東京クラブマップ】

  • LAPIS TOKYO[Ginza]

    ラピス

    2017年夏、注目度の高い商業施設が立ち並ぶ数寄屋橋程近くに、2フロア200平米以上を有する中箱クラ…
  • VENT[Omotesando]

    ベント

    表参道交差点に位置する、ハウスやテクノ等の音楽を主軸に提供するクラブ「VENT(ヴェント)」。 …
  • DiA tokyo[Roppongi]

    ディア東京

    2016年12月、六本木交差点よりすぐの3丁目にクラブ「DiA tokyo (ディア)」が誕生。 …
  • WOMB[Shibuya]

    ウーム

    2000年にオープン以降、幾多の伝説的なDJセットの舞台となってきた国内屈指のクラブ「ウーム」。 …
  • PLUSTOKYO[Ginza]

    プラス東京

    卓抜した空間デザイン力と音楽への探求心により創造された、上質な夜遊びを叶える空間「PLUSTOKYO…
  • GENIUS TOKYO[Ginza]

    ジニアス

    都内最大級、銀座のクラブディスコと言えばGENIUS TOKYO。 東京の中心、銀座・丸の内・…
  • Contact[Shibuya]

    コンタクト

    昼夜人通りが絶えない”道玄坂通り”の中頃。大型駐車場の真下という隠れ家を連想させる場所にありながら、…
  • TK SHIBUYA[Shibuya]

    TK渋谷

    2017年4月センター街の地下に、都心部最大級の壮観なナイトクラブ「TK SHIBUYA」が出現。 …
  • WREP[Shibuya]

    レップ

    渋谷駅近傍の絶好の立地に佇む、ヒップホップを軸に流すDJバー。 店内は、黒基調のシックな四角い…
  • V2 TOKYO[Roppongi]

    V2 TOKYO

    夜の六本木を象徴するランドマークとして、長きに渡りこの街を見守り続けてきた「ロアビル」の最上階にグラ…
  • A-LIFE[Nishi Azabu]

    エーライフ

    毎週末、世界各地から1日1300人を超えるゲストが訪れ行列が絶えない西麻布エーライフ。 約3…
  • ELE TOKYO[Azabujuban]

    エル東京

    From Tokyo to the World. 東京から世界へ。 クラブが多い港区界隈の中でも最…
  • MEZZO[Roppongi]

    メゾ

    2017年7月、六本木の駅・交差点より目と鼻の先の外苑東通り沿いに、クラブ遊びのビフォーやチルアウト…
  • CIRCUS TOKYO[Shibuya]

    サーカス東京

    2015年10月、大阪のクラブ「CIRCUS」が東京に進出 ! 渋谷に新たな音空間「CIRCUS T…
  • MUSE[Nishi Azabu]

    ミューズ

    隠れ家をテーマにしたクラブでもバーでもない、オシャレな遊び場「MUSE」は大人の街、西麻布にあります…
  • LAUREL TOKYO[Shibuya]

    ローレル東京

    道玄坂と246号線の間、再開発が進む道玄坂1丁目に、大人の夜遊びに丁度いいハイセンスな中箱CLUBが…
  • Batica[Ebisu]

    バチカ

    恵比寿にあるライブハウスとクラブという2つの顔があるお店「BATICA」。 中目黒solfaの…
  • ESPRIT TOKYO[Roppongi]

    エスプリ

    2015年4月、新たに生まれ変わったESPRIT TOKYO(エスプリトウキョウ)は、六本木駅徒歩1…
  • AOYAMA HACHI[Aoyama]

    青山蜂

    20年以上の歴史を持ち、多くのDJやアーティストとそのファンを生み出し続けている青山の老舗。 …
  • solfa[Nakameguro]

    ソルファ

    カフェを思わせる木目調の内装と中目黒駅から徒歩3分とアクセスしやす立地からクラブミュージックを日常に…

当サイト『東京クラブマップ』について

『音楽を堪能できる場所を更に身近に』そんな思いを抱き、2012年に始動。地元東京のクラブ情報をスクラップするサイトとして、23区内は元より、多摩地区を含めた都内全域に所在する店舗を独自に調査・厳選し掲載。

ダンスミュージックや電子音楽を聴けるクラブやディスコは勿論、頻繁に通えるDJバーやライブバー等の日常に組み込める飲食店、ライブハウスやイベントスペース等のコンサートやギグが行われる施設も対象としている。

本トップページの上部には、地図から目的の店舗が探せるようマーカーを複数配した動的マップを配置。是非ズームアップやスワイプ等地図を操作して、あなたがまだ訪れていない素敵なスポットを開拓してほしい。

また、わざわざ別でルート検索をしなくても済むよう、各店舗ページにも埋め込み型の地図を設置。どの店舗にも迷わず来店できるよう、簡単なアクセス方法も記載させて頂いている。

尚、近年、クラブを紹介するサイトが増殖傾向にあるが、当サイトは運営開始以来、独自性の高い文章・コンテンツを掲載する事に重きを置いている。本"TOKYO CLUB MAP"と同一の名称を使用した後発サイト、模倣サイトの存在を確認しているが、当方とは全く関係ないのでご留意頂きたい。

クラブの歴史をほんの少し紐解く

現在、世界の各地で当たり前のように営業している、客に音楽を提供し自由にダンスができるクラブという業態の店。ナイトクラブやディスコ等、国により呼び名は様々だがここではクラブとしておこう。

その歴史を紐解けば、さかのぼること半世紀以上前の米国ニューヨークにて、一人のDJが始めた小規模なパーティに辿り着く。始めは不定期で開催していたものの、噂が噂を呼び徐々に客数は増加。当然のようにそれに影響を受け、新たな会場も増えていった。

その後、ダンスミュージックとそれに伴う文化は自然波及のように広まり、1970年代には世界の幾多の地に大型のディスコが続々と開店し、一つのムーブメントを形成する事となる。

日本では、世界的なディスコの流行に沿い、70年代半ば頃から東京の六本木や新宿、渋谷等に幾つもの箱が誕生した。80年代を迎えると、その流れは関西や九州等全国へと波及。これが俗に言う『第二次ディスコブーム』だ。

90年代になると、ディスコはそのテイストを変え、『クラブ』へと昇華し始める。ハウスやテクノの存在感が高まったのもこの時期だ。

現在のクラブ事情
上記のような深い流れを汲んだ現在の日本のクラブ業界は、「特定遊興飲食店営業」の制定や、グローバル化による人の流動性の向上等の影響により、確かな伸びしろを秘めている。

2016年に改正された風営法では、条件さえ満たせば営業許可の取得が可能となった。明確に合法となれば大々的に宣伝できるだけでなく、大手企業も参入できる。今正に転換期と言えよう。

(文: 東京クラブマップ)

TO TOP