六本木のクラブ・ディスコ・ラウンジ・ライブハウスを探すなら【東京クラブマップ】

ホーム » 六本木

roppongi Clubs六本木のクラブ一覧

六本木は、大小様々な会社が立ち並び、日中はビジネス街としての顔を持つ地域であるが、夜になると一転華やかな歓楽街へと変貌する。

多様な業種の店舗が営業している夜の六本木の中でも、現在一つの文化として周知され、年代性別問わず高い集客を獲得しているのがクラブだ。

六本木は1990年前後の所謂バブル期にディスコブームの中心地であった為、現在この街にクラブが多いのも必然。週末の夜ともなるとクラブを目当てに沢山の人が訪れ、まるで祭り時のような賑わいを毎週見せている。

街自体大きくはないので店舗が密集しており、同じ建物にクラブが複数入居しているなんてこともしばしば。その為、はしごが安易にできるのも魅力の一つである。

六本木の音楽ジャンルの傾向

ハウスやテクノ等の所謂四つ打ち専門の箱は少なく、ジャンルにとらわれないオープンフォーマット系が大半を占めている。数は少ないがヒップホップが主軸の店や、70年代から80年代のヒット曲が楽しめる店もある。
また、複数のフロアを有するクラブに関しては、フロアごとに音楽ジャンルを分けている場合が多い。

客層

年代は、全体として20代の社会人から50代以上の方までと非常に幅が広い印象。ディスコ寄りな箱は比較的年齢層が高く、バー寄りな小箱やエントランスフィーの安い所は20代が多い傾向にある。
また、「V2 TOKYO」のように女性の入場が無料の店は必然的に女性客が多い。

職業は一概に言えないが、金曜日や祝前日に関しては周辺地域、ひいては都心部に勤務されている方達が訪れることも多くみられる。また他の地域に比べ、富裕層が多いのも特色である。

また観光地としての側面もある為、海外からの旅行者もとても多い。国籍問わず多様な国の人々が訪れるのは六本木ならではと言えよう。

TO TOP